新入社員の中には、勤務地がいきなり辺鄙なところで週末の長距離運転をよぎなくされるパターンもあるでしょう。

長距離運転は辛いし、なによりも暇です。

 

そんなときにいい暇つぶし方法でもあれば、その時間を無駄にせずに充実した休日を送ることができると思います。

ということで、今回は長距離運転で暇なときにできる効果的な暇つぶしについてご紹介していきます。

長距離運転のときに効果的な暇つぶし3選

【1】カラオケの練習をしておく

社会人になると上司とのカラオケをするシュチュエーションも結構あったりします。

そんなときに「ボクは歌えないんで…」というノリが悪いリアクションはあまり上司ウケしません。

 

かといって、若者しか知らないような曲ばかり歌っても、上司としてもなんて顔をしていいか分からないモノなんですよね。

 

なので、上司の世代にも分かるような往年の名曲をドライブ中に聞いて覚えたり、うまく歌えるようになっておけば、非常にカラオケでのウケが良く、上司に気に入ってもらえる可能性が高まります。

【2】ビジネスのためになる音源を聞く

今では本屋さんにいけば、自己啓発用の本にCDがセットになっていることがあります。

そういったCDをドライブ中に何度も聞いて、自分を磨く情報を常に耳にいれるようにすることは非常に効果的ですね。

 

人間の脳はすぐに忘れてしまうのが特徴で、必要な情報は何度も何度もインプットをする必要があります。

 

であれば、せっかく長距離運転で時間が余っているのであれば、そういった自己啓発的な音源を流して勉強をするのがオススメですし、仕事でもかなり活かせる体験になりますよ!

【3】いつもと違う道で帰る

これは回数制限はありそうですが、あなたの会社からあなたの実家に帰るまでの道のりは一つだけではないはずです。

色んなルートを覚えておくことで、シチュエーションに応じて、さまざまな選択肢を得ることができますし、友達に「この道が近道だよ」って言える人っていつの時代もカッコよかったりするものです。笑

なので、気分転換の意味もこめてですが、いつもと違う帰り道を楽しみ、冒険をしてみるのもいいと思いますよ!

まとめ

今回は長距離運転のときにできる暇つぶし方法についてご紹介しました。

本当にただただ運転をするだけになってしまうと、その人生の時間が勿体無いと思います。

できるだけ効果的な時間の使い方をするために今回ご紹介した方法を参考にしていただければと思います!